同性生活だからこそできる!好き嫌いは大人でも治る!

こんにちは、れーこです(╹◡╹)

みなさん、彼氏の好き嫌いは把握していますか?私の彼氏は、野菜も魚も好きになれない。っていうか、そもそも食わず嫌いです。そんな彼氏を野菜好きに変えた方法を紹介したいと思います!もちろん、お子さんに向けて試してみてもOKですよ!

見た目をなくす

同棲する前の話なんですが、まず私がしたことは、私の家でご飯を食べる時に肉団子を食べさせていました。なんとなく想像がつく方も多いのでは!?その肉団子には彼氏の嫌いな野菜や魚を潰して入れていました!ミキサーで跡形もなくすりつぶし、色が出てしまう野菜などには、カレー粉などを利用してごまかしていました!

私の彼氏は、そもそも食わず嫌いということもあり、見た目で「これ食べれない!」っていうことばかりでしたので、この方法は大成功だったと思います!

・中身は内緒にしておく

この肉団子で気をつけるべき点は、見た目は肉団子ですので、何の気なしに食べ終わるまで肉団子の中身を言わないことにあります。肉団子を食べ終えて、初めて「〇〇くん野菜食べられたじゃん!」と肉団子の中身を告白します。食べられたということが自分でわかったら、次に料理に出すときは野菜の正体がバレていても大丈夫です!「この前たくさん食べていたよ?」と、肉団子で野菜を食べられたことを思い出させてあげましょう!

・毎回隠して入れるのはダメ

肉団子に毎回何かを隠し入れていて、そのことを話している場合、肉団子そのものに恐怖心や疑いの気持ちを持つようになってしまいます!毎回入れたいのであれば、中身のことには触れずに、ただの肉団子だと思わせることが重要です!

この方法だと、野菜を食べられるようになってからでも、みじん切りなどにして肉団子に入れて食べさせることができます。この方法をしていれば、特に違和感は感じませんし、肉団子は栄養のあるものを食べやすくする。という気持ちにもなりますね!

野菜はよく煮る

同棲生活を始めてからは、当たり前のように私のご飯を食べていますので、毎回肉団子というわけにはいきませんよね。私の彼氏は、野菜のシャキシャキとした食感も苦手です。なので味噌汁でも、鍋でも、野菜は、これでもか!っていうほどに煮ています。ジャガイモなどは煮崩れないように気をつけていますが、逆に玉ねぎなどは煮えて消えちゃったほうがいいようです。玉ねぎはよく火を通すことで甘くなるので「野菜って美味しい!」って思わせるきっかけにもなります。

・好きなものと一緒に作る

ただ野菜を出しても、そのおかずそのものに手を出さないことにつながってしまいますので、お肉と一緒に炒めて出すなどの方法を取ると「一緒に食べると美味しいよ!」っていう風に食に誘えます。野菜が苦手な人に野菜炒めを出すときには、できるだけ味を強めに出し、野菜の味を紛らわしてあげることです。味を濃くすればいいだけではなく、ただ濃くしただけだと塩分の取りすぎになってしまいますので、コショウやマジックソルトなどのハーブ、カレー粉などパンチの効いた味付けもオススメです!

・鍋は最後に好きなものを入れる

鍋には、お肉なども入れますが、最終的には野菜が残るんですよね。なので、これを食べ切ってもらうために、鍋ラーメンや、うどん、雑炊などにアレンジして、最後にご褒美的な食べ方をしてみるといいと思います。私の家では、鍋のあとにラーメンで〆るのが定番化していたので、暑くなった今でも、野菜をたくさん使いラーメンと一緒に食べさせています。

彼氏曰く「子供の頃にこのラーメンがあれば野菜嫌いにはならなかった!」という言葉をいただきました!幼稚園の姪っ子も「野菜かぁ〜・・・。」的な顔はしていましたが、何も文句を言うことなく全部食べていたので、よく煮た野菜にラーメンは子供でも大丈夫そうです!

魚は生臭さを取ればほぼ食べられる

魚を苦手としている人のほとんどが、生臭さが苦手だと思います。その生臭さを消してあげれば、だいぶ食べやすくなりますよね!コツとしては、弱火でじっくりは禁止!煮魚をするときはお湯が煮立ってから魚を入れることで、少し生臭さが出にくくなります。熱の加え方が弱火でじっくりの方が生臭くなると思います。でも焼き魚などは、火が通っているのか心配になっちゃたりしますよね。そんなときは片面焼きを入れてから、ひっくり返し、少し火を弱くして蓋をすればほぼ大丈夫です。心配でしたら、盛り付ける前の半分に切ってみましょう!クッキングペーパーなどコゲ対策や、くっついてしまうなどの対策もしっかりとってくださいね!

味付けも、野菜炒めの時と同様に魚の味や生臭さを軽減できるものがいいですね。

栄養があるんだということをちゃんとわからせる

私の彼氏は、栄養があるんだよ!といっても「でも美味しくないし・・・。」なんていう気持ちでなかなか進んで食べる人ではありません。なので、キノコの栄養について調べさせたりしました。私の彼氏は、野菜やきのこが見た目から苦手なので、自分でスマホで調べさせることで、信じてもらえると思ったんです。これが大成功!本当に栄養あるんだね。っと言って今では文句を言うことなくキノコや野菜を食べています!魚も、自分から魚を指定してきて「この魚は栄養あるから」と言う風に考えを改めてくれています!

食べたものは自分の身になる

まとめとして、食べたものは自分の身となり、健康にもなるし、食生活の改善につなげることができると言うことをわかってもらえたら大成功だと思います。私の彼氏は同棲を始めてから栄養のある食事を始めてので、体つきも変わりましたし、20代半ばでも、身長が伸びました!まさかと思いましたが、実家での食生活を知っているので「食生活も影響しているのかな」と感じました。

好き嫌いを治すということは、とても大事ですが、食べない理由が、アレルギーなのか、本当に嫌いなだけのかを確かめてからじゃないと、好き嫌いの治し方は危険なので注意しましょう!

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です